社員ブログ

お奨めのラーメン屋 第1回
5月/23rd/2011

 

私、「しのしの」 お奨めのラーメン屋 第1回の栄光に輝いたのは、

伊予 源氏車  松山市花園町にあります。

魚介系のこってりスープに、もっちもち太麺の相性が抜群です。  

ここの特盛りを完食したら 大変なことになります。

なんと600gあります。

上の写真はつけ麺のスープです。かなりこってりです。

食べ終わった後は、スープ割で薄めてもらい、ぐい飲みです。

ネギが清々しい。

上の写真はつけ麺の麺です。

もっちもちのぷりぷり^^食べ応え抜群です。

これから夏に是非、まぜそばです。

イカ天のジャンキーさがたまりません。

カウンター席しかありませんのでご注意を。

ラーメン好きの方は是非一度ご賞味ください。

※駐車券を見せると100円キャッシュバックしてくれます。

夫婦でお出かけ
5月/13th/2011

 
  
 クリーンナップ三番バッターのY.M.です。

 
 ゴルデンウイーク中の5月4日に夫婦二人でふら~っと遠出をしました。
 
 初めて行った大洲、富士山(とみすやま)公園のツツジ。

 まだ五分咲きぐらいかなって思っていましたが、

 公園側の情報では八分咲きの状態であったようです。

 「5月8日(日曜日)ぐらいが満開なんかもね。」

 「誕生日(5月8日は妻の誕生日)に来たらよかったかもね!」

 「でも、阿蘇山、仙酔峡(せんすいきょう)のミヤマキリシマのほうがきれいと思わん~?」

 「僕もそう思うよ!」

 そんなことを話しながら公園を散歩し、ツツジの匂いに浸っていました。
 

  
 
 
 

 
 「まっすぐ帰るのももったいないから、肱川、丸山公園の石楠花(しゃくなげ)を観に行こう。」

 ということで大洲から一路国道197号線を城川方面に車を走らせました。

 石楠花(しゃくなげ)は4月いっぱいで終わってしまうのはわかっていました。
 
 案の定、花が枯れてしまっており残念な思いでいました。

 ところが!

 偶然、駐車場横のハウスでエビネ蘭を育てている男性の方に出会ったところ、

 その方が「珍しい真っ赤の石楠花(しゃくなげ)を観て帰ったらいいわ。」

 って言ってくれました。

 石楠花(しゃくなげ)は、ツツジ科の花で

 当然ツツジに似ていることは知っていました。

 しかし、白か淡いピンクの石楠花(しゃくなげ)しか知らず、

 真っ赤な石楠花(しゃくなげ)のことは知りませんでした。

 咲いている状態も良く、その絢爛さに絶句させられました。

 こんなに珍しい石楠花(しゃくなげ)を観ることができ、

 来た甲斐があったものと満足しました。

 

 最近、二人で遠出することがめっきりなくなり改めて、

 腰が重たくなってしまったことを反省させられた休日でした。